Blue Screen見た?

ITインフラに関する情報や、ITの様々な技術についてを紹介するブログ。

XAMPP の phpMyAdmin をダウングレードする方法

前回、XAMPP の PHPをダウングレードする方法について書きました。  

server-engineer.hatenablog.com

 

PHPをダウングレードできたのはいいですが、phpMyAdminが動かなくなった!?という現象が発生した場合、phpMyAdminもダウングレードして使えるようにします。

 

※下記ように、XAMPPに入っているphpMyAdminはPHP5.5以上である必要があったみたいですが、PHPを5.4にダウングレードしたことで動かなくなってしまいました。

f:id:adakkuma:20171103185158p:plain

 

目次

 

動作可能なphpMyAdminを取得

phpMyAdmin公式サイトからダウンロードしてきます。

phpMyAdmin - Downloads

サイトにアクセスするとPHP5.4で動作するものは phpMyAdmin 4.0 みたいなのでそのバージョンをダウンロードします。

phpMyAdmin 4.0 はすでにサポート切れのため注意してご使用ください。

※日本語表示にもできるように "all-languages" がおススメです。

f:id:adakkuma:20171103190917p:plain

 

phpMyAdminの差し替え

XAMPPの中にあるphpMyAdminを差し替えます。

差し替えを行う前に、XAMPP Control Panel から Apache, MySQL のサービスを停止しておきます。

そして、XAMPP内にあるphpMyAdminフォルダを "phpMyAdmin_org" にリネームします。

そして先ほどダウンロードしてきたphpMyAdminを解凍してここに置きます。

f:id:adakkuma:20171103191916p:plain

次に、phpMyAdminの設定ファイルを作成します。

phpMyAdminフォルダ内に"config.sample.ini.php"というファイルがあるのでこれをコピーして、"config.ini.php"というファイルを作ります。

そのあと、"config.ini.php"を開いて $cfg['blowfish_secret'] の設定値を編集します。

暗号化に必要なキーとなるため、32文字以上の任意の文字列を設定します。

f:id:adakkuma:20171103193151p:plain

 

phpの設定変更

前回、PHP公式サイトからダウンロードして"php.ini-development"を"php.ini"にコピーして使っているだけなので、必要な設定が不足しています。

そのため、phpの設定を変更する必要があります。最低限以下を変更します。

 

--------
-; extension_dir = "ext"
+extension_dir = "C:\xampp\php\ext"

-;extension=php_mbstring.dll
+extension=php_mbstring.dll

-;extension=php_mysqli.dll
+extension=php_mysqli.dll

-;date.timezone =
+date.timezone = Asia/Tokyo

-;mbstring.language = Japanese
+mbstring.language = Japanese

-;mbstring.internal_encoding = EUC-JP
+mbstring.internal_encoding = UTF-8

-;mbstring.http_input = auto
+mbstring.http_input = auto

-;mbstring.http_output = SJIS
+mbstring.http_output = UTF-8

-;mbstring.encoding_translation = Off
+mbstring.encoding_translation = On

-;mbstring.detect_order = auto
+mbstring.detect_order = auto
--------

 

mysqlログインユーザのパスワード設定

phpMyAdminのデフォルト設定ではパスワードなしログインは禁止されているため、ログインユーザのパスワードを設定する必要があります。

あるいは、phpMyAdminのパスワードなしログインを許可する設定に変更します。

phpMyAdminのパスワードなしログインを許可する場合は、phpMyAdminの設定ファイル(config.inc.php)内の $cfg['Servers'][$i]['AllowNoPassword'] を true にします。 

 

動作確認

最後に、phpMyAdminが動くようになったか確認してみましょう。

XAMPP Control Panel で ApacheMySQL のサービスを起動します。

そのあと phpMyAdmin ページへアクセスすると、phpMyAdminのログインページへアクセスできることを確認することができます。

f:id:adakkuma:20171103200912p:plain

そして、mysqlログインユーザでログインできれば成功です!

 

以上の手順となります。

では!

 

f:id:adakkuma:20171103201204j:plain