Blue Screen見た?

ITインフラに関する情報や、ITの様々な技術についてを紹介するブログ。

CentOS6.9 リリース【2017/04/05】

ついに、CentOS 6.9 がリリースされましたね!!

f:id:adakkuma:20170701005008j:plain

 

CentOS 6.9 Release Notes

 

2017/03/21 に、 Red Hat Enterprise Linux 6.9 がリリースされましたのでそろそろかなーと、思ってた矢先にリリースです!

 

私はサーバ管理の仕事をしており、logwatchに大量のパッケージアップデートが出たので、それで気づいたって感じです。

タイミングを見て、更新しましょうかね。

 

CentOSとは

Wikipedia引用

CentOSセントオーエス)は、Red Hat Enterprise Linux(以下「RHEL」と呼ぶ)との完全互換を目指したフリーのLinuxディストリビューションである

レッドハットはRHELに含まれているソフトウェアのソースコードオープンソースライセンスに基づき無償公開している。
CentOSは、このソースコードをもとに、レッドハットの商標や商用パッケージ等を除去したものをリビルドしている。

 

RHELと互換性があり、フリーということで、サーバ利用として人気のあるLinuxになります。

 

ちなみに、CentOS 5 と 6 と 7 のサポート終了日は、下記のとおりです。

※2017.04.06現在

バージョン 最新リリース日 サポート終了日
5   2014年09月30日 (5.11)     2017年03月31日  
6 2017年04月05日 (  6.9) 2020年11月30日
7 2016年12月12日 (  7.3) 2024年06月30日

 

上記を見る通り、CentOS 5 は先月末に、サポートが終了しました。何年も前からサポート終了日が公表されていますので、それを確認しながらサーバ更新時期などのタイミングで入れ替えたりしないといけないですよね。

f:id:adakkuma:20170701005629j:plain

CentOS 6 と 7 で、コマンドが変わったりなどいろいろと変更点が多いので、まだまだCentOS 6 を主力で使っている人も多いかもしれません。

あと約3年!されどあと約3年!!

タイミングを見計らって最新へ入れ替え検討も必要ですかね。

 

では!