Blue Screen見た?

ITインフラに関する情報や、ITの様々な技術についてを紹介するブログ。

XAMPP × Eclipse × FuelPHP 開発環境を準備する

Windows PC上で Webシステム開発を行うために環境を整備します。

 

f:id:adakkuma:20171107014847j:plain

今回は WebとDBサーバとして XAMPP を使い、統合開発環境として Eclipse を使い、フレームワークとして 日本では比較的使用されている FuelPHP を用いた場合についての環境となります。

 

目次

 

XAMPP導入

 

XAMPPの導入手順は下記をご参照ください。 

server-engineer.hatenablog.com

 

Eclipse導入

Eclipseの導入手順は下記をご参照ください。ついでにPHPUniを実行できる環境も整えておくのもいいでしょう。 

server-engineer.hatenablog.com

 

フレームワークFuelPHPの設定

FuelPHP公式ページから最新のフレームワークをダウンロードします。

FuelPHP » A simple, flexible, community driven PHP5.3 framework.

現在 1.8 が最新で、zip圧縮されているため適当な場所に解凍し、必要ならリネームします。(例. D:\fuelphp_v1.8)

f:id:adakkuma:20171107124827p:plain

 

次に、EclipsePHPプロジェクトを作ります。

f:id:adakkuma:20171107125556p:plain

プロジェクトで使用するPHPバージョンを指定します。

FuelPHPはPHP5.3以上で対応しているので、PHP5.3以上で指定します。

 

そして、XAMPPのhtdocs配下にシンボリックリンクを作成します。 

>mklink /d <リンク作成先> <リンク元
>mklink /d c:\xampp\htdocs\testFuelPHPv18 d:\testFuelphpv1.8\public 

f:id:adakkuma:20171110003006p:plain

これで設定完了です。

 

動作確認

最後、動作確認をします。

XAMPP Control Panel で Apacheサービスが起動されていることを確認して、シンボリックリンクを作成した先にアクセスしてみます。

f:id:adakkuma:20171110003602p:plain

そして、上記の通りFuelPHPのWelcomeページが閲覧できれば設定完了となります。

 

これで開発に着手できるということになります。

また、FuelPHPに関することを書ければと思っています。

 

では!