CentOS7 で PHP5.4 から PHP 7.1 に変更する方法

前回、CentOS7 で PHP5.4 から PHP5.6 に変更する方法について示しました。

server-engineer.hatenablog.com

 

今回は、CentOS7 で PHP5.4 から 現在PHP公式で最新である PHP7.1 に変更する方法について示していきます。

f:id:adakkuma:20170720235754j:plain

 

流れとしては、下記となります。

  1. 既存のPHPをアンインストー
  2. 新しいPHPバージョンを入れるために必要なレポジトリをインストー
  3. PHP7.1のインストール、初期設定
  4. 動作確認

 

PHP5.6をインストールしたときとほぼ同じのため、1, 2 についてはここでは割愛とさせてください。

 

 

PHP7.1のインストール、初期設定

remiリポジトリのphp7.1を有効化してインストールします。一緒に必要と思われるパッケージもインストールします。

# yum install --enablerepo=remi,remi-php71 php php-mbstring php-mysql php-gd

# yum install --enablerepo=remi,remi-php71 phpMyAdmin

phpMyAdminもインストールします

 

あとは、同じように設定ファイルを修正して、httpdを再起動すればOKです。

設定ファイルは環境によって調整する必要がありますので、ここでは割愛します。

 

動作確認結果も載せておきます

 

動作確認

まず、phpバージョンの確認を行います

# php --version

以下の画像のようになると思います

f:id:adakkuma:20170723125842p:plain

 

今度はphpinfo()出力するファイルを作成し、Webブラウザから確認してます

# cat /var/www/html/info.php
-----
<?php phpinfo(); ?>
-----

f:id:adakkuma:20170723130055p:plain

PHP7.1になっており、かつ、モジュール版になっていることが確認できると思います

 

最後に、phpMyAdminの確認もしてきましょう

phpMyAdmin.confのAlias設定したパスでアクセスしてみます

ユーザ名とパスワードを入力し、無事にログインできれば成功です

f:id:adakkuma:20170723131447p:plain

 

いかがでしたか。

この方法により、CentOS7に現在最新PHPバージョンであるPHP7.1を導入することができました。

 

今度は、違うバージョンのPHPを共存させる方法などもまとめれたらと思います。 

では!