Hyper-V と Android Studio のエミュレータ 機能を同時に使うことができない!?

Androidアプリを作成するときに、「Android Studio」をインストールしました。

 

アプリの動作確認をしようと、エミュレータを起動しようとしたところ、下記のような警告メッセージが出ました

f:id:adakkuma:20170601004530p:plain

どうやら、Hyper-V機能が邪魔しているらしく、Hyper-V機能をOFFにする必要があるそうです。

 

f:id:adakkuma:20170601010458j:plain

それでは、Hyper-V機能をOFFにする方法とON(AUTO)にする方法を下記に示します。

 

Hyper-V機能をOFFにする方法

コマンドプロンプトを "管理者権限" で起動します。

そして、下記のコマンドを実行します。

bcdedit /set hypervisorlaunchtype off

f:id:adakkuma:20170601005105p:plain

上記の通り、正しく処理されたら、Windowsを再起動します。

 

再起動後、Hyper-V機能がOFFとなりますので、Android Studioエミュレータ機能が使えるようになります。

 

それでは、今度は、Hyper-V機能を使用するために、Hyper-V機能をON(AUTO)にしてみましょう。

 

Hyper-V機能をON(AUTO)にする方法

 OFFにした時と同じように、コマンドプロンプトを "管理者権限" で起動します。

そして、以下のコマンドを実行します。

bcdedit /set hypervisorlaunchtype auto

f:id:adakkuma:20170601005825p:plain

そして、再起動すれば、Hyper-V機能が有効になります。

 

ちなみに、Hyper-V機能がOFFの状態で、仮想マシンを起動すると下記になるため、その場合はHyper-V機能を有効にしてください。

f:id:adakkuma:20170601010022p:plain

 

今回は、Hyper-V機能を追加したPC で Android Studioエミュレータ を利用するために、Hyper-V機能をOFF/ONする方法を紹介しました。

では