Blue Screen見た?

ITインフラに関する情報や、ITの様々な技術についてを紹介するブログ。

FuelPHPソースコードをGitバージョン管理する

前回、ローカル環境(Windows 10)にバージョン管理システムであるGitを導入する方法について書きました。 

server-engineer.hatenablog.com

 

今回は実際に、ソースコードをバージョン管理下に登録してバージョン管理を行う手順について述べたいと思います。

f:id:adakkuma:20171119140145j:plain

 

目次

 

リポジトリの作成

まず、「リポジトリ」というものを作成します。

詳しくは述べませんが、簡単に言うと "バージョン管理するための入れもの(家)" です。「リポジトリ」を作ることで、バージョン管理したいファイル等をそこに登録することができ、差分などを確認できたり、特定バージョンのファイルを取り出せたりなどします。

今回はローカル環境に作って、ローカル環境からアクセスしますが、特定のサーバに「リポジトリ」を作成し、外部から特定のポートを使って、その「リポジトリ」にアクセスして利用することもできます。

 

それでは、「リポジトリ」を作成します。適当な場所に作ります。

例では、 Dドライブ直下に "git"フォルダ を作成し、テスト用のリポジトリとして以下の通りしました。

D:\git\test.git

リポジトリ名は ~~~.git と最後に ".git" を付けるのがよくあると思います。

何もないところで右クリックを押して、「Git ここにリポジトリを作成(Y)...」をクリックします。

f:id:adakkuma:20171119141536p:plain

 

下記のようなウィンドウが出るので、「Bareを生成(作業ディレクトリーを作りません)」にチェックを入れて、OKを押します。

※ウィンドウに書いてある内容の通りなので説明は省きます。

f:id:adakkuma:20171119141824p:plain

 

そして下記の通り、初期化が完了し、いくつかのファイル等が自動的に生成されます。

f:id:adakkuma:20171119142058p:plain

 

これで「リポジトリ」の作成は完了です。

 

FuelPHPソースコードを登録

先ほど作成したリポジトリソースコードを登録します。

まず、リポジトリからクローンを行います。リポジトリに登録されているファイルを取得するイメージです。

ソースコードを展開したい場所の何もないところで右クリックを押して、「Git クローン(複製)...」をクリックすると下記のウィンドウが開きます。

f:id:adakkuma:20171119143620p:plain

URL のところに、先ほど作成したリポジトリのパスを入力します。

(例. D:\git\test.git)

入力すると自動的にディレクトリも決定されますが、ディレクトリ名を変更したい場合は手動で変更します。

そして、OKボタンを押します。

f:id:adakkuma:20171119143852p:plain

上図の通り、リポジトリからファイルの複製が完了します。

出来上がった "test"フォルダの中身を見ると ".git"フォルダという隠しフォルダがあるだけです。(隠しフォルダが見えない場合は、上メニューの表示タブに切り替えて 表示/非表示 に "隠しファイル"項目があるので、それにチェックを入れると見れるようになります。)

 

次に、この "test"フォルダ内に FuelPHPファイル をコピーしてきます。

そしてコピーしてきたFuelPHPファイルすべてを選択して右クリックを押して、「TortoiseGit」→「追加」をクリックします。

f:id:adakkuma:20171119144641p:plain

 

どのファイルを追加するかのウィンドウが開かれるので、ここはそのままでOKをおします。

f:id:adakkuma:20171119145108p:plain

 

追加処理が完了できました。

f:id:adakkuma:20171119145218p:plain

 

次は、追加したファイルをコミットしていきます。

変化点を登録する手順になります。

※厳密に言うと先度作成したレポジトリに登録されるのはこの手順ではありません。Gitは簡単に言うと リポジトリのクローン(複製)を行ったときに、リポジトリがもう一つ作成され、ローカルリポジトリと指します。一方、クリーン元は リモートリポジトリ と指します。コミットは複製したローカルリポジトリへの登録作業になります。口述するプッシュ作業でローカルリポジトリからリモートリポジトリへ変化点内容を送り登録となります。

 

何もないところで右クリックを押して、「Git コミット」をクリックすると、下記の通りウィンドウが表示されます。

f:id:adakkuma:20171119150704p:plain

上のメッセージ欄に、コミット内容を自由記述できます。プロジェクト内でコミット時のメッセージテンプレートが決まっているなどあれば、それに従って記述してください。

下は変更した項目が一覧で見れるようになっています。状態のところでは 追加/変更/削除 などの情報が出ます。

メッセージ内容が入力出来たらコミットを行います。右下のボタンにあるように コミットしてすぐにプッシュすることもできますが、今回は説明も兼ねているので、分けて行いたいと思います。

"コミット"をクリックすると、コミット作業が実施されます。

f:id:adakkuma:20171119150954p:plain

これでコミット作業は完了です。

 

最後に、リモートリポジトリへのプッシュ作業を行います。

testフォルダ直下の何もないところで右クリックを押して、「TortoiseGit」→「プッシュ」をクリックします。

f:id:adakkuma:20171119151224p:plain

 

プッシュウィンドウが表示されるので、ここは何も変更せずOKボタンを押します。

f:id:adakkuma:20171119151522p:plain

これでプッシュ作業は完了です。

 

これで、テスト用のレポジトリにFuelPHPソースコードを登録することができました。

 

登録対象外ファイルの設定

TortoiseGitではバージョン管理下にあるファイルの状態をアイコンで表示する機能を持っており、一目でわかりやすいということが良くて、私は好んで利用しています。

今回FuelPHPのすべてのファイルに対して追加しようと作業を行ったのですが、バージョン管理下に入らなかったファイルも存在しました。その理由としては、登録対象外ファイルの設定を行うためのファイルが FuelPHPにはあらかじめ入っており、その設定内容が適用されたことで、Gitに登録されなかったということです。

その登録対象外ファイルを設定するファイルは ".gitignore" という名前になります。

f:id:adakkuma:20171119152307p:plain

中身を見てもらえばわかると思いますが、登録したくないファイル名を一行ずつ記載するようになっており、コメントアウトもかけたり、ワイルドカードなども使うことができるので便利です。詳細仕様までは触れませんが、必要あればすでに記述されている内容をまねて変更するのもありです。

Eclipseでプロジェクト作成するとできる設定ファイルや、エディタが生成する一次ファイル・バックアップファイルなども対象外にできるのでとても便利です。

 

これで今回と内容は以上となります。

次回は、コミット履歴を簡単に閲覧できる方法などについても記載できればと思っています。

では!

 

 

 

 

ソースコードをバージョン管理するために【Git編】

ソフトウェア開発を行うときに、皆さんはソースコードを バージョン管理 していますか?

 

バージョン管理とは ファイルの編集履歴を蓄積させ、バージョン間の差分を確認したり、特定バージョンのファイルを取得したりなどできます。

 

複数人でソフトウェア開発を行う場合は、バージョン管理を行うサーバを立てて、ソースコードを一元管理することで、ソースコードを複数人で共有しながらスムーズに開発することができます。

もちろん、一人でソフトウェア開発を行うときも、ファイル差分が一目で確認できるため使ったほうが良いと思います。

 

今回はローカル環境(Windows 10)にバージョン管理システムを導入する方法をまとめます。

 

利用するバージョン管理システムは Git です。  

f:id:adakkuma:20171115223502j:plain

  

必要なソフトについて

インストールするものは下記です。

 

GUIクライアントソフトにマージツールが付属されているのですが、私としては別のマージツールのほうが使い勝手が良いので、Gitをインストールする前にマージツールをインストールします。

 

Windows用マージツール

WinMergeというソフトになります。日本語版を提供しているサイトにアクセスします。

WinMerge 日本語版

すごく見やすいサイトで、32bit版 と 64bit版 のどちらかを選択してダウンロードします。

f:id:adakkuma:20171115230026p:plain

インストーラーのダウンロードが完了したら、インストーラーを起動してインストールします。

特にデフォルト設定のままでも問題ありません。

※本記事とは関係ないですが、追加タスクの選択で 「エクスプローラコンテキストメニューに追加」 にチェックを入れることをお勧めします。簡単にファイルの差分を確認するのに役立ちます。

 

Windows用Git

バージョン管理システムの肝であるGitをインストールしていきましょう。

下記公式サイトからダウンロードします。

Git

f:id:adakkuma:20171115234059p:plain

インストーラーのダウンロードが完了したら、インストーラーを起動してインストールします。

注意すべきところは下記です。

 

f:id:adakkuma:20171115234336p:plain

Gitコマンドを簡単に呼び出せるようにPATH設定を行います。

基本的に後程導入するGUIクライアントを用いてGitを呼び出すため、ここは上記の通りデフォルトのままで問題ありません。

WindowsコマンドプロンプトでGitコマンドを呼び出せるような設定になります。

 

f:id:adakkuma:20171115235007p:plain

HTTPS接続時に使用するライブラリについての設定になります。

ローカル内で利用するだけであれば上記設定で問題ありません。

 

f:id:adakkuma:20171115235634p:plain

Gitへのコミット時やチェックアウト時などに改行コードを自動変換するかどうかなどについての設定になります。

便利な反面、無意識に自動変換されてしまうため、テキストエディタなどを用いて明示的に改行コードを変換することをお勧めします。そのため、上記の設定の通り、改行コードの自動変換をしない設定しします。

 

f:id:adakkuma:20171116000138p:plain

Git Bashの時に利用するターミナルエミュレータの設定です。

ここもGUIクライアントを利用するため、利用する場面がほとんどないため、デフォルト設定で問題ありません。

 

f:id:adakkuma:20171116001352p:plain

その他の設定ですが、ここはスルーで、デフォルト設定で問題ありません。

 

これでWindows用Gitのインストールは完了となります。

 

GitのWindowsGUIクライアント

最後にGUIクライアントツールをインストールしていきます。

公式サイトのダウンロードページから 本体 と 日本語パッチ をダウンロードします。

Download – TortoiseGit – Windows Shell Interface to Git

f:id:adakkuma:20171116002947p:plain

f:id:adakkuma:20171116003009p:plain

 

まず本体のインストールを行います。

デフォルト設定で問題ありませんが、インストール完了後にスタートウィザードを起動するかどうか問われます。日本語パッチインストール完了後に変更するので、ここでスタートウィザードをスキップしても問題ありません。

f:id:adakkuma:20171116003836p:plain

 

そのあと、日本語パッチをインストールします。

f:id:adakkuma:20171116011448p:plain

インストール完了後に、「Configure TortoiseGit to use this language」にチェックを入れれば自動的に日本語に設定変更されます。

手動で切り替えたい場合は、デスクトップなどの何もない適当な場所で右クリックを押し、TortoiseGit -> Setting を選択します。

f:id:adakkuma:20171116011900p:plain

Settingウィンドウが開きます。

General(全般)タブの右上のほうに Language があるので、そこで切り替えることもできます。

ここまで来たら、一度Windows自体を再起動しましょう。

TortoiseGitはバージョン管理にあるファイルに更新があった場合などが一目でわかるようにアイコンが変わるようになっています。

※下記は例です。(この機能が一番魅力ですね)

f:id:adakkuma:20171116012613p:plain

 

設定変更

最後に、インストールしたソフトの設定変更を行います。

 

Gitの設定

コマンドプロンプトを起動して下記の設定を行います。 

>git config --global user.name <コミット時に設定する名前>
>git config --global user.email <コミット時に設定するメールアドレス>

※例
>git config --global user.name "test taro"
>git config --global user.email hogehoge@example.com 
>git config --global core.quotepath false
※git commit や git status で日本語の表示をできるように 

上記設定を行うと下記にファイルが自動生成されます。

C:\user\<ユーザ名>\.gitconfig

 

TortoiseGitの設定

ソースコード差分の確認をする際にWinMergeが起動されるように設定変更します。

設定ウィンドウを開いて下記の通り、差分ビューアーを外部に設定し [...]ボタンを押して、WinMergeの実行ファイルを指定します。

※すでに設定済みであれば変更不要です。

f:id:adakkuma:20171116014717p:plain

 

 

これでGitの使える状態を準備できました。

次回は、実際にソースコードをGitでバージョン管理に登録することについてまとめようと思います。

 

では!

XAMPP × Eclipse × FuelPHP 開発環境を準備する

Windows PC上で Webシステム開発を行うために環境を整備します。

 

f:id:adakkuma:20171107014847j:plain

今回は WebとDBサーバとして XAMPP を使い、統合開発環境として Eclipse を使い、フレームワークとして 日本では比較的使用されている FuelPHP を用いた場合についての環境となります。

 

目次

 

XAMPP導入

 

XAMPPの導入手順は下記をご参照ください。 

server-engineer.hatenablog.com

 

Eclipse導入

Eclipseの導入手順は下記をご参照ください。ついでにPHPUniを実行できる環境も整えておくのもいいでしょう。 

server-engineer.hatenablog.com

 

フレームワークFuelPHPの設定

FuelPHP公式ページから最新のフレームワークをダウンロードします。

FuelPHP » A simple, flexible, community driven PHP5.3 framework.

現在 1.8 が最新で、zip圧縮されているため適当な場所に解凍し、必要ならリネームします。(例. D:\fuelphp_v1.8)

f:id:adakkuma:20171107124827p:plain

 

次に、EclipsePHPプロジェクトを作ります。

f:id:adakkuma:20171107125556p:plain

プロジェクトで使用するPHPバージョンを指定します。

FuelPHPはPHP5.3以上で対応しているので、PHP5.3以上で指定します。

 

そして、XAMPPのhtdocs配下にシンボリックリンクを作成します。 

>mklink /d <リンク作成先> <リンク元
>mklink /d c:\xampp\htdocs\testFuelPHPv18 d:\testFuelphpv1.8\public 

f:id:adakkuma:20171110003006p:plain

これで設定完了です。

 

動作確認

最後、動作確認をします。

XAMPP Control Panel で Apacheサービスが起動されていることを確認して、シンボリックリンクを作成した先にアクセスしてみます。

f:id:adakkuma:20171110003602p:plain

そして、上記の通りFuelPHPのWelcomeページが閲覧できれば設定完了となります。

 

これで開発に着手できるということになります。

また、FuelPHPに関することを書ければと思っています。

 

では!